ヨーグルトの加熱は乳酸菌を死滅させるのか

体調が悪い時は、牛乳を温めて飲むように、ヨーグルトも温めて食べたいと思う人もいるのではないでしょうか。
また料理としては、ヨーグルトはカレーの混ぜると味に酸味が加わり美味しくなりますし、肉料理にヨーグルトを使うと肉が柔らかくなります。
ですから、温かい料理にもヨーグルトを積極的に活用している人は多いものです。

では、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、温めるとどうなってしまうのでしょうか。
ヨーグルトの多くに使われている乳酸菌は生きているものになりますから、熱に弱く、簡単に死滅してしまいます。
ただし、温める温度にも、乳酸菌が死滅しないですむ制限の温度や温め時間があります。
そのボーダーは60度未満で、温めている時間は30分未満になります。
この温度と時間を過ぎてしまうと生きた状態の乳酸菌は死滅してしまうのです。
日本茶の玉露で入れる適温は60度以下になりますから、ホットヨーグルトとして飲むには軽く温かい程度がちょうどよいといえます。

ちなみに、電子レンジでホットヨーグルトを作るなら、ラップはかけずに加熱時間は1分以内にしましょう。
さて、乳酸菌は、たとえ死滅した状態になっても、腸に行くことで、腸内の善玉菌の栄養源になることもできます。
乳酸菌は、生きていなくても体に役立ってくれているのです。
一方、サプリメントに使われている乳酸菌の中には、加熱殺菌した方が腸内に安定して届く乳酸菌も利用されています。
腸に到達するまでに、強い胃酸などによって死滅してしまう生きた乳酸菌の他にも、様々な種類があるのです。

トップに戻る