乳酸菌でお腹を快適にしよう

乳酸菌と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?なんとなくお腹に良さそう、ということは聞いたことがあるかもしれません。
乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を生成する微生物のことです。
それでは、乳酸菌は人にどんな効果をもたらすのでしょうか?

人の腸内には大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類の菌が存在しています。
言葉のとおり、善玉菌はウイルスの繁殖を抑制したり、悪玉菌の増加を抑える、体に良い菌で、乳酸菌もそのひとつです。
善玉菌が不足すると、悪玉菌が増え、普段は害のない日和見菌も悪玉化し、免疫力が低下したり、便秘になったりしてしまいます。
普段から乳酸菌を摂取して善玉菌を増やし、日和見菌も善玉化させて腸内環境を整えておくことが便秘を防ぐ上で大事なことです。

また、動物性の食品に偏ると悪玉菌が増加して腸内環境が悪化します。
乳酸菌を意識して摂るのと同時に、大豆製品や野菜、果物を増やしましょう。

では、乳酸菌はどのようなものから摂ればいいのでしょうか。
乳という言葉で、乳製品を連想するかが多いでしょう。
しかし、乳酸菌はヨーグルト等の乳製品の他にも、ぬか漬けや味噌等も多く含んでいます。
乳製品にアレルギーがある方は、味噌汁や漬物、キムチからも摂ることができます。
効率よく摂るには、生きたまま腸に届く乳酸菌の入ったヨーグルトやサプリメントが良いでしょう。
また、食物繊維やオリゴ糖と一緒に摂るとより効果的です。
食品から摂った乳酸菌は日々排出されるため、毎日コツコツ摂ることが大切です。

トップに戻る