乳酸菌を含む食品

乳酸菌には植物性と動物性があるということを知っていますか。

動物性の乳酸菌は、乳製品全般を指すので代表的なヨーグルトやチーズを思い浮かべれば分かると思います。
たくさん種類のある乳酸菌飲料も、牛乳を材料に作っていて乳酸菌で発酵させているからそのような名前がついているのです。
他にも、魚や肉を発酵させたものも動物性乳酸菌を多く含んでいて、くさやや鮒寿司などがそれに当たります。
匂いはかなり強くてクセもありますから、苦手な人も多い食品ですが素材の旨みは間違いなく増していると思います。
そしてこれこそが乳酸菌の効果と言えるのです。

では、植物性の乳酸菌にはどのようなものがあるのでしょうか。
代表的なものは、発酵食品と呼ばれるものでキムチや麹漬け、味噌などがそれに当たります。
乳酸菌の中で一番有名なのはビフィズス菌ですが、最近では胃や腸の中でも生きて働き続ける乳酸菌など新しい乳酸菌も開発されていますし、ラブレ菌などは名前が商品名になって人気になるものなど、植物性乳酸菌の存在をアピールする商品も作られています。
ヨーグルトを毎日かかさず食べるブルガリア人は長寿の人が多いことでも有名なので、腸を健康な状態にすることはとても良いことなのだと分かります。
ヨーグルトだけでなく、昔から作られている日本の漬物にも乳酸菌は豊富に含まれていますから、毎日の食事に摂り入れるようにしてください。

トップに戻る