乳酸菌の働き

腸の中には善玉菌と悪玉菌がいます。
その中の善玉菌にあたるのが乳酸菌で、有名なビフィズス菌等が含まれています。
腸の活動をサポートする役割のほかに、抗ガン作用や免疫力増強作用があるともいわれています。

腸の中がもし善玉菌が少ない環境になってしまうと、どんなことが起きるのでしょうか。
まず便秘がちになり、老廃物が体内に留まることで皮膚から排出しようとするので、その結果肌あれの原因となります。
サポート活動が上手くできずに、必要な栄養素が肌に届かないことにもなります。
腸内環境を整えることで、美肌へ一歩近づくことができるのです。

その他最近の研究では、現在病であるアレルギー反応に対しても有効であることがわかっています。
免疫反応は本来は日常生活をしていく上で、外敵から身を守ってくれるなくてはならない反応ですが、アレルギー反応が起きてしまうと、自らの身体へ攻撃するようになってしまいます。
それによって、咳や痒み等のつらい症状に悩まされてしまうのです。

特定のアレルゲンに接触や摂取によって身体は異物の侵入とみなし、対抗する為に白血球のヘルパーT細胞でIgEというタンパク質を作り抗体を生産していきます。
ヘルパーT細胞には2種類あり、IgEの生産を促すものと抑制するものに分かれます。
この2つのバランスが悪くなるとIgEが増えすぎてしまい、アレルギー症状が酷くなります。

つまり緩和するためにはヘルパーT細胞の働きを強める必要があるのです。
乳酸菌を摂取することで、このバランスを調整できることがわかっています。

乳酸菌が豊富に含まれる食品は発酵食品です。
比較的取り入れやすいものが多いので、是非積極的にとっていきたいです。

トップに戻る