乳酸菌と花粉症対策

乳酸菌が便秘に効いたり、インフルエンザ予防になるという話を聞くことがあるかもしれません。
乳酸菌が持っているパワーは実は他にもあり、花粉症にも効くといわれているのです。
ここでは、乳酸菌の花粉症に対する効果についてご紹介したいと思います。

花粉症になる人、ならない人がいますが、これはどうしてだと思いますか。
実は花粉症にかかってしまう大半の人が、免疫を司っている細胞のバランスを崩してしまっていることがわかっています。
TH1細胞、TH2細胞という二種類の免疫を司っている細胞のうち、TH2細胞の方が増殖してしまっている状態が原因となっています。
この二つの免疫系の細胞のバランスを正常な状態にしてくれるのが乳酸菌なのです。

乳酸菌の中にも色々な種類があり、ヨーグルトとして販売されている商品の中にも、その乳酸菌の働き、効果は微妙に違っています。
花粉症の予防に関して効果が高いとされているのはR 1と呼ばれるもので、この乳酸菌は、胃酸で溶けてしまうことなく腸まで届きやすい性質の乳酸菌ですから、免疫力を上げるためにはとても効果の高い乳酸菌です。
花粉症の症状であるくしゃみを軽減させたりする効果があります。
できるだけ胃酸の弱まっている状態である食後にR 1のヨーグルトを食べるようにすると、より効果が高くなります。

冬の季節でも花粉症に悩んでいる人は多いですから、インフルエンザ予防とともに、乳酸菌を摂取することを意識したいですね。

トップに戻る