どうして乳酸菌で花粉症対策ができるの?

花粉症対策に、乳酸菌がいいという話はよく耳にしますね。
花粉症は、体の免疫バランスが崩れてしまうことが原因とされています。
人の体には、外部から異物が入ってきた時に排除しようとする力が働きます。
そして、体を守ろうと働く力を免疫といいます。
しかし、環境や生活習慣によって、免疫バランスが乱れてしまうことがあります。
そのため、日々の生活習慣を改善したりして、免疫バランスを整えてあげることが大切です。

例えば、乳酸菌を摂取して腸内の環境を整えてあげると、体の免疫力を強化できます。
また、花粉症だけではなくアレルギーなどの症状も、腸内環境を改善すれば治ってしまうという説もあります。
そこからも、乳酸菌を摂取して腸内の環境を良くすれば、花粉症対策ができることがわかります。

ただし、乳酸菌を摂取したからといって、すぐに症状が治まるというわけではないです。
花粉症対策の場合は、花粉症の時期の少し前から摂取しておく必要があります。
また、ヨーグルトで乳酸菌を摂取しても腸まで届かなければ、効果は薄いとされています。
これは、口から摂取すると胃に届き、胃酸で死滅してしまうからです。
乳酸菌は、胃酸に弱いといわれているので、胃酸に強い乳酸菌を摂取する必要があります。

乳酸菌のサプリメントでも、あまりに安価な場合は花粉症を改善する成分量が少なかったり、吸収が良くないこともあります。
そのため、サプリメントを摂取する場合でも成分量等を確認する必要があります。

トップに戻る