自家製発酵食品で乳酸菌を摂ろう

ヨーグルトが花粉症やアトピー性皮膚炎、インフルエンザの予防になるという話はよく耳にします。
なぜなのでしょうか。
もちろんヨーグルトそのものが薬の訳ではありません。
乳酸菌の含まれた食品を食べることで腸内の悪玉菌が減り善玉菌が増えバランスが整うといわれています。
腸は消化器官であるとともに人体の免疫を司る器官でもあるため、腸内環境が良くなれば免疫力がアップするのです。
これが、ヨーグルトが身体に良いといわれる所以です。

一方で注意も必要です。
人それぞれに合う乳酸菌は異なるため、摂取した乳酸菌が体質に合わないと体調が悪くなる可能性もあります。
市販されているヨーグルトを見ると商品によって含まれる乳酸菌の種類が違います。
それぞれの体質に合う乳酸菌が見つかるまでは、色々な商品を試してみる必要があります。

そして、ヨーグルトだけが乳酸菌を含む食品ではありません。
日本古来伝統の発酵食品、味噌やぬか漬けにも乳酸菌は含まれています。
乳アレルギーや乳糖不耐症など、乳製品が体質的に合わない方はこのような発酵食品によって乳酸菌を摂ることができます。
乳酸菌を含む発酵食品は家庭でも作ることができます。
販売されているお味噌は保存上、アルコールと加熱により発酵が止められている物がほとんどです。
自家製味噌なら生きた乳酸菌を食べることができます。

身体に合うヨーグルトを見つけた方はそのヨーグルトを種菌にし、家でもたくさん作れて大変お得です。
自家製の発酵食品は温度管理が難しいのですが、今では対応した家電もたくさんあります。
出来上がりを待つのもとても楽しい発酵食品作り、ぜひご家庭でトライしてみてください。

トップに戻る