乳酸菌でカンジダ予防

膣カンジダ症という病気で悩んでいる女性の方は、意外と多いのではないでしょうか。
この病気は夏や梅雨時等、蒸れやすい時季にかかりやすい病気だといわれており、免疫力が弱まっている時にもかかりやすい病気です。
重篤な疾患ではありませんが、デリケートゾーンのかゆみや不快感は早く取り去りたいものです。
では、膣カンジダ症には、どのようなものが効果的なのでしょうか。

実は、乳酸菌が膣カンジダ症に効果があります。
ヒトの体の中に初めから乳酸菌は存在していて、良い働きをしてくれる菌が多く存在します。
膣の中にも乳酸菌がいるのですが、この乳酸菌が乳酸を作り出すことによって、膣の中の状態が一定に保たれ、カンジダ菌から体を防御してくれています。
この乳酸菌の働きが弱まってしまうと、カンジダの思うままとなってしまい、カンジダ症を引き起こしてしまうのです。

乳酸菌の働きが弱まる原因として挙げられるのが、ストレスを抱え込んでしまうことや、食生活等のライフスタイルの乱れ、風邪をひいて抗生物質を飲んでいたため等の原因が考えられます。
このような時に乳酸菌を積極的に摂取しておくと、腸の中の環境が整い、良い菌を増やすことができます。
一度治ったと思っても再発してしまうことが多い疾患ですから、油断せずしっかりと治しましょう。

膣カンジダ症で悩んでいる女性の方は、乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか。

トップに戻る