プロテクト乳酸菌

古くから様々な研究がされ続けている乳酸菌ですが、近年注目を集めているプロテクト乳酸菌というものをご存知でしょうか?

乳酸菌は、乳酸菌の構造を保ったまま、腸内に届いて初めて私たちの体内で様々な効果を発揮することができます。
従って、私たちの体内で行われる消化活動中に、乳酸菌自体の構造が破壊されないような乳酸菌が望ましいのです。
プロテクト乳酸菌は、細胞壁が、他の乳酸菌と比較すると分厚いのが最大の特徴です。
細胞壁が分厚いため、乳酸菌自体が破壊されることなく、腸まで到達することができるというわけです。

また、このプロテクト乳酸菌には様々な効果が期待できることがわかっています。
プロテクト乳酸菌が腸内に到達すると、免疫力をアップさせるIge抗体が増加します。
また、プロテクト乳酸菌の働きにより、ナチュラルキラー細胞が増加することも分かっています。
このように、免疫力がアップし、ナチュラルキラー細胞が増加することにより、アレルギーの発症を抑止する効果も期待できます。

免疫力は、年齢を重ねる度に低下をしてしまいます。
プロテクト乳酸菌を摂取することで、若々しい体を保つことができるでしょう。

また、マウスによる実験で、プロテクト乳酸菌をより多く摂取したマウスは、インフルエンザの発症率が低くなるという結果が出ています。
さらに、インフルエンザワクチンを接種する前からプロテクト乳酸菌を摂取しておくと、インフルエンザワクチン接種の効果をさらに上がるということも期待されるといわれています。

トップに戻る