成人病・生活習慣病を予防する「乳酸菌生産物質(バイオジェニックス)」

様々な健康効果を期待して乳酸菌を摂取する場合、「生きて腸まで届く」ことが非常に重要です。
それは生きて腸に届く事によって腸内で菌体が様々な活動をするからです。
その中でも特に重要な働きが乳酸菌生産物質の分泌です。
菌体は腸内や培養液内に存在する糖を代謝して様々な物質を作り出します。
これらの物質が乳酸菌生産物質と呼ばれるものです。
現在この成分に様々な研究機関が目をつけています。
それはこれらの成分が人体に非常に良い働きをするからです。

生きて腸まで届きその働きを通して人体に有益な健康効果を与える微生物又はその微生物を含む食品をプロバイオティクスと呼びます。
腸内環境を改善する働き以外にも免疫力向上やアレルギーの改善、インフルエンザの予防効果がプロバイオティクスにはあります。
これらのプロバイオティクスをサポートするのがプレバイオティクスです。
プレバイオティクスは腸内で善玉菌のエサになって腸内環境の改善をサポートします。
食物繊維やオリゴ糖がこのプレバイオティクスに該当します。
そして第三の存在として現在注目を集めているのがバイオジェニックスです。
バイオジェニックスとは腸内環境を改善すると同時に直接的に病気の原因に働きかける物質の総称です。
つまり乳酸菌生産物質はこのバイオジェニックスに当てはまります。
バイオジェニックスの特徴は腸内フローラに関係なく不調の原因にダイレクトに作用し、改善効果をもたらすという点です。
現在では菌体のサプリメント以外にこれらの物質のみを抽出したサプリメントも販売されているほどその健康効果に焦点が集まっているのです。

乳酸菌生産物質の詳しい成分分析はまだ研究の途中段階です。
特定されているものは、乳酸をはじめアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの生体機能維持に不可欠な物質、アミノ酪酸やオルニチン、フォスファチジルセリンなどの脳機能を正常に保つために必要な物質などです。
これらの成分によって、整腸作用を筆頭に免疫細胞の活性化、コレステロール値の低下、血糖値の低下などの作用が認められています。

トップに戻る