ドリンク製品

つらい便秘をスルリと解消!乳酸菌のチカラ

不規則な生活環境、ストレスフルな生活、飽食に食物繊維の少ない食生活、加工食品からの添加物の摂取など現代社会は便秘となる原因に溢れています。
大人だけではなく小児の便秘も問題となってきています。
便秘は日本内科学会によりきちんと定義付けされており、「3日以上排便がない状態あるいは毎日排便はあるけれど便が小さくて硬く残便感がある」という状態を指します。
便が出る仕組みは次のようになっています。
口から摂取した食べ物は胃や小腸などで水分を多く含んだドロドロの液体となって大腸に到達します。
大腸では水分の吸収が行われ、固体の便が形成されます。
固体となった便は腸の伸縮によって肛門に押し出されるのです。
この時、腸内環境の悪化により大腸の働きが悪く便が腸内に長く滞在していると便からさらに水分が吸収されていまい、硬く小さい排出が難しい便になってしまいます。
これらの便によって腸内の環境がさらに悪化し、腸の動きがより悪くなります。
便秘は早期に解消しなければどんどん悪循環にはまってしまうのです。

便秘は腸内環境の悪化だけが原因ではありません。
自律神経のバランスが崩れた時にも起こりえます。
腸の蠕動運動は自律神経によって調節されています。
胃に食べ物が入ると自律神経の働きで胃・結腸反射が起こり腸の蠕動運動が促されます。
また、直腸に便が溜まると大脳の指令によって排便反射を起こして便意が催されるのです。
よって、便秘を解消するためには腸内環境を改善すると共に自律神経のバランスを整える必要があります。

乳酸菌には腸内環境の改善効果http://www.csrvaderegio.net/tyounainokannkyou.htmlと自律神経のバランスを整える効果が備わっています。
また、腸内まで生きて届く乳酸菌を積極的に摂取すると、腸内で菌体が乳酸を分泌し、ダイレクトに腸の蠕動運動を促進してくれます
体内に溜まった有害物質を排出してくれるので、便秘の改善と体内のお掃除を一気にすることができるのです。
乳酸菌には多種多様な種類があり、その相性は人それぞれです。
ですので、1週間を目処に様々な菌株を試してみて自分に合った乳酸菌を見つけることが大切です。
摂取した乳酸菌は長く腸内に留まらないので便秘予防のためにも毎日摂取することを心掛けましょう。