ドリンク製品

乳酸菌で日常のイライラ&ストレスを解消

現代の人々は大人から子どもまで忙しさに追われ、ストレスフルな生活を送っています。
ストレスにより、イライラしたり不安になったりと精神的なバランスを崩し、心の病にかかる人が増加の一途を辿っており社会的な問題になっています。
では、このイライラや不安はどのような仕組みで引き起こされるのでしょうか。
その鍵は自律神経とホルモンが握っています

イライラしたり不安になっている状態では、自律神経のバランスが乱れています。
自律神経は人を活動的にさせる交感神経と人を落ち着かせる副交感神経からなっています。
ストレスを過度に受けると交感神経が大暴れし、副交感神経の元気がなくなってしまいイライラが発生します。

また、セロトニンと呼ばれるホルモンの分泌が低下してもイライラやうつは引き起こされます。
セロトニンとはノルアドレナリン、ドーパミンに続く3大神経伝達物質と呼ばれています。
心をリラックスさせ、安らぎを人に与える事から幸福ホルモンとも呼ばれています。
現代の人々にはセロトニンが不足しているとも報告されています。

これら、自律神経やセロトニンは実は腸に集中していることが分かっています。
セロトニンに至ってはその90%が腸にあると報告されているのです。
そのため、腸は第二の脳とも言われています。

それゆえに、便秘などで腸内環境が悪化すると自律神経は乱れ、セロトニンが腸から脳へ放出されなくなってしまいます。
イライラや不安感は腸の乱れからも引き起こされるのです。
言い換えれば、腸をケアする事がイライラや不安感の解消に繋がると言うことです。

腸をケアする成分といえば乳酸菌http://www.eastinns.com/donnna.htmlです。
しかし、この乳酸菌は腸内環境をよくするだけではないのです。
乳酸菌は腸内でセロトニンの合成を促進する事が分かっています。
また、セロトニンを介して自律神経をバランスよくコントロールする作用も報告されています。
乳酸菌を日常的に摂取することでイライラを解消する事ができるのです。