乳酸菌をQ&Aでナビ

乳酸菌について知っておきたいポイントをQ&Aでまとめました。
製品を選ぶにあたっての基本となるような知識を紹介します。

「乳酸菌を活用して健康管理に取り組みたい」
「乳酸菌の使い道がいまいち分からない」
そんな方にもおすすめしたい内容です。

ぜひ、参考にしてみてください。

ヨーグルト以外の摂り方は?

乳酸菌を含有する食材は、ヨーグルト以外にも存在します。
例えば、味噌やぬか漬け、納豆などの和食には、乳酸菌が含まれています。
キムチやザワークラウトなどの身近な料理にも含有されています。

とは言え、料理から摂取するのは意外と大変です。
含有量を意識すると、なかなか十分な量を摂ることができません。
毎日継続して摂取する…という点を考えると、カロリーや塩分なども気になります。

そこで、多くの人が実践しているのが「サプリメントでの摂取」です。
サプリメントなら、非常に多くの乳酸菌を楽に摂ることができます。
量・質が確保されていますし、カロリーも気になりません。

さらに、オリゴ糖など腸内の善玉菌をサポートする成分を効果的に摂ることもできます。
コストパフォーマンスにも優れているので、サプリメントはかなり心強い味方と言えるでしょう。

乳酸ってなに?乳酸菌との違いは?

乳酸菌と乳酸は全くの別物です。
まずは乳酸について詳しく説明していきます。
(乳酸菌については、以下で説明します。)

乳酸は、牛乳を放置したものの中から見つかったものと言われています。
疲れた体に蓄積される物質…というイメージを持っている方も少なくないでしょう。
確かにその通りで、疲労しているときの体にも乳酸は増えていきます。

しかし、乳酸は「体を疲労させる物質」という訳ではありません。
運動によって体内に増えた乳酸は糖に変化します。
そして、運動を続ける為のエネルギーになるのです。

さらに、脳神経に必要なエネルギーとなって免疫力を高めるという働きもあります。

乳酸菌の特徴を教えて!

乳酸菌は、糖類を基にして乳酸を作る細菌の総称。
腸内で様々な働きを発揮してくれるのが特徴です。

乳酸や酢酸を産出して、腸内を酸性の状態に傾けてくれます。
それによって、悪玉菌の増殖を予防して、腸内環境を整えてくれるのです。
病原菌やウイルスなどを抑え込んでくれる働きも期待されています。

また、乳酸菌をはじめとする善玉菌が優勢になった腸内では、栄養の消化吸収や不要物の排出が積極的に行われます。
それによって健康や美容へのパワーを実感できるようになるのです。

どんな種類があるの?

乳酸菌とは、乳酸をつくる菌の総称です。
その為、ひとくちに乳酸菌と言っても様々な種類が存在します。
現在発見されているものの中でも、200種類以上が存在しているのだとか!

乳酸菌の種類については、こちらのページで詳しく解説されています。
パワー実感の為には、自分の身体に合った乳酸菌を見つけることが大切です。
ぜひ、参考にしながらサプリメントを選んでみてください。

プロバイオティクスってなに?

プロバイオティクスとは、人間の腸内環境を整えて健康に働きかけてくれる食品のことを指します。
さらに、腸内環境改善の働きそのものをプロバイオティクスと呼ぶこともあります。

ちなみに、菌類ではないオリゴ糖もプロバイオティクスの一種です。
(オリゴ糖には、腸内で善玉菌のエサになって腸内環境をケアしてくれる働きがあります。)

トップに戻る