効率の良い乳酸菌の摂取方法

近年では花粉症の改善でも注目を集めている乳酸菌ですが、皆さんはいつどのように摂取しているのでしょうか。
実は乳酸菌の摂取には効率の良い摂取の仕方があるのです。
摂取する時間や方法によってはその効果は歴然とした差が生じてしまいます。
せっかく健康や美容のために取り入れているのですから、菌体の特徴を把握して効率よく体内に取り込む事を心掛けましょう。
ここで重要となってくるのは、摂取するタイミングと同時に摂取する食材です。
それでは以下に効率の良い摂取方法をご紹介します。

人体には自己防衛システムが備わっています。
その一つに胃酸と胆汁酸が挙げられます。
外部から侵入してきたばい菌を体内に侵入させないために非常に強い酸性物質を出し菌を死滅させるのです。
通常の乳酸菌も胃酸や胆汁酸によって死んでしまいます。
現在では研究が進み、胃酸や胆汁酸にさらされても死なない乳酸菌が培養されていますが、それでも100%の生存率ではありません。
少しでも腸内での菌株の生存率を高めるためには胃酸の分泌が少ないタイミングで摂取することが効果的です。
胃酸は空腹時に食べ物を見た時非常に強く分泌されます。
また、大量に食べ物を食べた時にも胃酸の分泌は促進されてしまいます。
そこで、胃酸の分泌が少しでも抑えられている朝食後すぐやおやつ又は軽食を食べた後すぐに摂取することが望ましいでしょう。

一方、食物繊維やオリゴ糖などと摂取することでも菌株を効率良く体内に取り込む事が出来ます。
食物繊維は腸内環境をキレイにする働きがあり乳酸菌の働きをサポートしてくれます。
食物繊維を豊富に含む果物や野菜と一緒にヨーグルトを食べると効果的でしょう。
また、オリゴ糖http://www.the99declaration.org/origotou.htmlは善玉菌のエサになるので体内に取り込んだ菌体を元気に活きをよくすることができるのです。
また、オリゴ糖は虫歯になりにくい上に低カロリーの甘味料にもなるのでお子さんやカロリーの気になる方にはヨーグルトと一緒に摂取するのにおすすめです。

トップに戻る