ドリンク製品

一日に必要な乳酸菌の量はどのくらい?

乳酸菌が人の身体に様々な健康効果を持つ事はご存知ですよね。
では、いったい一日にどれくらい摂取すれば良いのでしょうか。
現在のところ菌体の摂取により重篤な副作用を示した事例は報告されておらず、子どもや老人でも安心して摂取することが出来ます。
一気に過剰摂取しても副作用はありませんが、腸内に急に多量の菌体や水分が入る事で腹痛や下痢を引き起こす場合があります。
ですので、一度に多量に摂取することは控えましょう。
乳酸菌は即時的に効果を示すものではありません。
腸内環境を改善し、それに伴う様々な健康効果を得るためには長期的な摂取が大切です。
毎日、推奨摂取量を摂り続けてこそ真の効果が得られるのです。
腸内に棲む細菌の種類や数は人それぞれなので身体にあう菌体も個人個人で違ってきます。
ですので、最低でも2週間継続摂取し、自分に合ったものを探すと良いでしょう。

それでは、具体的な一日の目安となる摂取量を見ていきましょう。
推奨摂取量は死菌と生菌で異なってきます。
死菌は一日あたり1兆個摂取すると効果が期待できるとされています。
加熱処理をしているため保存や安全性が良く、生菌よりも小さいので一度に多量の菌体を摂取出来る事が死菌のメリットです。
善玉菌のエサになることで腸内環境を改善し、白血球を活性化させる働きもありますが、やはり生菌よりも菌体一つ一つから得られる効果は低いので目安摂取量も多くなっています。

一方で生菌の推奨摂取量は含有されている菌体によって変わってきます。
最も代表的な食品であるヨーグルトに関しては200gから300gの摂取が理想的です。
最低でも一日に100gは摂取するようにしましょう。
ドリンクタイプのものはそれぞれのメーカーによって健康効果への研究により推奨摂取量が定められています。
具体例を挙げると、ヤクルトの目安摂取量は一日に1本で菌体が15億個以上の補給が出来ます。
ヨーグルトを一日に200g摂ることが大変であれば、ヤクルトなどのドリンクタイプhttp://www.victoriaskitchen-philly.com/kin_006.htmlやサプリメントを活用するとごく少量で一日に必要な菌体を摂取することが出来るでしょう。