乳酸菌で免疫力アップ!

最近、乳酸菌には免疫力を上げる効果があると注目を集めています。
免疫力とはウイルスなどの外敵から身を守ったり、体内に侵入した有害な細胞を除去するために身を守ってくれる機能のことで、この力が下がると疲れやすくなったり、アレルギーを引き起こしたり、病気にかかりやすくなります。

免疫力は人が生まれた時から持っている自己防衛機能です。
しかし、加齢とともに免疫細胞の力が徐々に衰えていくので、ガン細胞を抑制するための免疫細胞も少なくなり、高齢になるほどガンの発症率が高くなると言われています。

免疫力が下がる原因にはストレス、偏った食生活、睡眠不足、体の冷えなども挙げられています。
そのため、質の良い睡眠を取ることや適度な運動、栄養バランスの良い食事を取ることが欠かせません。

さらに、人の免疫細胞の約60%が腸内に存在すると言われています。
免疫細胞の働きを上げるためには腸内の健康維持が必要不可欠で、腸内環境を整える乳酸菌を摂取することが免疫力を上げることにつながります。
腸の中には大きく分けると、腸内環境を良くしてくれる善玉菌、それを悪化させる悪玉菌、善玉菌と悪玉菌どちらか優勢な方と同じような役目を果たす日和見菌が存在します。

腸内で悪玉菌が増えると、腸の活動が抑制され、有毒物質が発生してオナラや便の悪臭の原因となり、発生した有毒物が全身に運ばれることによって肌荒れや口臭の原因にもなります。
さらに免疫機能も低下させ、先に述べた様々な体の不調を引き起こしてしまいます。
これを防ぐために善玉菌を増やして悪玉菌を減らす、腸内細菌のバランスを整える必要があります。

善玉菌である乳酸菌は腸の活動を高める整腸作用、有毒物質の発生を抑える作用、免疫細胞を増やす作用などがあります。
腸内では毎日善玉菌と悪玉菌が戦っているため、継続して摂取する必要があるので乳酸菌をサプリメントで取り入れて健康的な腸内環境を作ることが大切です。

トップに戻る