ヨーグルト嫌いが乳酸菌をとれる方法とは

ヨーグルトが苦手でも乳酸菌を多くとる事が出来ます。
乳酸菌といえばヨーグルトと思い浮かびますよね。
ヨーグルトの他にも日常私たちが食べている食べ物の中に意外と多く含まれているのです。

まず、味噌汁と漬物です。
和食の代表ですね。
味噌や漬物の発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれています。
和食に乳酸菌が多かったなんて驚きですね。

辛い物好きな方はキムチにも乳酸菌が多く含まれているのでおすすめです。
食事の中で知らず知らずのうちにとっていた方も多いのではないでしょうか。

乳製品ではチーズです。
チーズにも乳酸菌が多く含まれています。
チーズはナチュラルチーズが良いです。
残念ながらプロセスチーズには乳酸菌が含まれていません。
それは作り方の違いによるものです。
プロセスチーズは、ナチュラルチーズを加熱処理してつくるため乳酸菌が死滅しているからです。
ナチュラルチーズの主なものとしてカッテージチーズ、カマンベールチーズやモッツァレラチーズがあります。
パスタの上にかけるパルメザンチーズもいいですよ。
ワインを好む方は、おつまみとしてチーズを食べれば乳酸菌をとる事が出来ます。

嗜好品としては、乳酸菌飲料やお菓子からも乳酸菌をとる事が出来ます。
飲み物やお菓子のパッケージに乳酸菌入りと表示のある物です。
間食として、お子様のおやつとして手軽です。

乳酸菌は私たちの腸内環境を整えてくれる強い味方です。
積極的に毎日の食事に取り入れていきたいですね。

トップに戻る