日本人に増え続ける「大腸ガン」を乳酸菌で予防

皆さんは現代の日本人の死因のトップをご存知でしょうか。
毎年行われる厚生労働省の「人口動態統計」の報告によるとガンが死因のトップになっています。
ガンでも種類は様々です。
いったいどの部位のガンによる死亡が多いのでしょうか。
これを紐解く事で現代日本人が抱えている問題が見えてきます。

ガンといえば日本では胃ガンによる死亡が圧倒的でした。
それは塩分の摂り過ぎが起因していると考えられています。
しかし、現代ではガンの部位別死亡率のトップは男性では肺ガンで胃ガン、大腸ガンが後に続いています。
一方女性のトップは大腸ガンとなっています。
意外に感じるかもしれませんが、現代日本では大腸ガンの患者数が著しく増加しています。
この問題には日本人の食生活の変化と腸が密接に関係しています。

もともと農耕民族の日本人は雑穀や野菜を中心とした食生活でしたが、昭和の後期あたりから欧米文化が広く浸透し、食生活も肉類を中心とした高タンパク質、高脂肪の食事に変化してきました。
この高タンパク質、高脂肪の食事は腸に非常に負担を与えてしまうのです。

腸内には多種多様な細菌がびっしりと棲みついています。
その中でも特に人間に悪さをする悪玉菌と呼ばれる菌がタンパク質や脂肪を好物にしています。
好物を食べて元気になった悪玉菌は腸内に毒素を出して、腸を腐敗させてしまいます。
弱った腸は動きも鈍ってしまい、これらの毒素や便をうまく排出出来なくなってしまうのです。
腸内に滞留した毒素や便はさらに腸を腐敗させ、毒素と長時間接した腸壁はがん細胞化してしまうのです。

さらに問題なのが、日本人は腸が長いという事実です。
食物繊維豊富な食生活をしていたので、食物繊維を消化するために遺伝的に腸が欧米人よりも長くなっているのです。
長い腸を持つ日本人が欧米的な食生活を送ることで、より腸内の不要物の滞留は深刻なものとなってしまうのです。

この問題を打開するために現在注目を集めているのが乳酸菌です。
乳酸菌は腸内腐敗を引き起こす悪い菌を攻撃して死滅させるだけではなく、腸内で乳酸を生成することで腸の中を酸性にして悪玉菌が生息しにくい環境を作ってくれます。
また、乳酸は衰えた腸を刺激して活発な動きを取り戻させる効果もあるのです。
乳酸菌を摂取することで現代病とも言える大腸ガンを予防http://www.jannuslandingconcerts.com/hatugannbuxtusitu.htmlすることができるのです。
実際に医療機関においても乳酸菌を用いた治療が広まってきています。
現代社会だからこそ食生活に乳酸菌をプラスする必要があるのです。

トップに戻る