ドリンク製品

乳酸菌で疲れや風邪に負けない身体に

最近疲れやすかったり、風邪を引きやすかったりしていないでしょうか。
常にだるく、倦怠感が抜けない、少し動いただけで疲れてしまうというような方はもしかすると腸内の環境が悪くなっているかもしれません。
実は疲れやすさは腸内環境の悪化に伴って免疫力が落ちている時のサインなのです。
このサインを見過ごして放っておくと風邪などの感染症にかかりやすくなったり、慢性疲労症候群やガンになってしまう確率も高くなってしまうのです。

疲労には肉体的疲労と精神的疲労、神経的な疲労の3種類があります。
肉体的疲労は筋肉を動かすエネルギーが不足している状態です。
腸内環境が悪化して腸から栄養分の吸収が十分に行われていないと体を動かすために必要なエネルギーが慢性的に不足してしまいます。
肉体的疲労は腸の栄養吸収機能の低下によっても引き起こされるのです。
また、精神的疲労は対人関係や仕事の悩みで強いストレスを受けている状態で、神経的疲労はオフィスワークなどによって目の神経や脳が常に緊張した状態で起こります。
これらの疲労はどちらも自律神経のバランスが崩れることで引き起こされます。
自律神経とは交感神経と副交換神経で成り立っています。
交感神経は活動的な身体活動を促し、主に朝から夕方にかけて活性化します。
交感神経の働きで血液が筋肉や脳に集められるのです。
一方、副交感神経は夕方から夜に活性化し、体をリラックスさせる働きをします。
副交感神経は内臓機能を高めたり免疫機能を正常に保つ作用があります。
強いストレスを受けたり常に緊張状態にあるとこの2つの神経のバランスが崩れて交感神経が異常に活性化している状態になってしまいます。
すると副交感神経で制御されていた免疫機能が滞り、免疫力が落ちるのです。
免疫力が落ちると風邪を引きやすくなってしまいます。
疲労と免疫と風邪などの感染症は密接に関係しているのです。

乳酸菌には腸内環境を整えて栄養分の吸収を良くしたり、自律神経のバランスを整えて免疫力を向上させる働きがあります。
ゆえに疲れや風邪の引きやすさが気になりだしたら乳酸菌の摂取が効果的http://www.pyamf.org/kaze.htmlなのです。
乳酸菌の摂取により自律神経や免疫機能が正常化されて疲れが溜まりにくく、風邪を引きにくい体を作ることが出来ます。