ドリンク製品

「子どもの身体」に大切な乳酸菌

現在、子どもの便秘や下痢、体力低下やアレルギー、意欲の低下が社会的な問題となっています。
このような問題を背負った子どもは増加の一途を辿っていますが、それではその背景にはどのような問題が潜んでいるのでしょうか。
実は腸内環境もこれらの問題に深く関わっているのです。

現在の日本の子どもは様々な点で昔の日本特有の環境から外れた生活を強いられています。
大きく食生活の変化、運動量の減少、抗菌主義が挙げられるでしょう。

まず、食生活ですがこちらは食のファーストフード化、欧米化が問題となっています。
元々雑穀や野菜中心の民族ですので、腸を代表とした消化器官は動物性タンパク質や脂肪の消化分解に適していません。
動物性タンパク質や脂肪中心の生活により成長に必要な栄養が十分に補えないという問題が生じています。

次に運動量の低下です。
屋内での遊びや塾優先の生活により、運動不足に陥った子どもの体の中では臓器が正常に機能しなくなります
代謝がおち、低体温になると意欲の低下にも繋がります。

また、近年抗菌グッズがブームとなっていますが、過剰な抗菌主義は子どもに悪影響を及ぼします。
子ども時代から極端に菌の少ない環境に育つと免疫機能が育ちません。
また、菌を殺すという事は体の中の良い菌まで殺すという事なのです。

以上のような子どもを取り囲む問題は全て子どもの腸内環境の悪化に繋がっています。
腸内環境が悪化し腸内が悪玉菌優勢の状態になると、健康面で様々の問題を呈します。
消化吸収不良や便秘、下痢だけではなく、免疫力の低下や代謝の低下、アレルギーやアトピー性皮膚炎の発症などです。
子どもの腸内は非常に未熟な状態です。
子どもだから次第に良くなるだろうという考えは誤りです。
いかに、子ども時代に腸を作るかが後々の腸内環境を決めると言っても過言ではありません。

赤ちゃんは、ビフィズス菌優勢の腸内環境をしています。
腸内は広げるとテニスコート一面分にもなると言われています。
この中で、善玉菌や悪玉菌がびっしりと棲みついているのですが、菌はそれぞれ種類毎に縄張りを持っています
この縄張りの基本的なスタイルが子どもの時に形成されるのです。
ですので、子どもの時に善玉菌の縄張りを広く確保する事が非常に重要なのです。

この善玉菌優勢の腸内環境作りに貢献するのが乳酸菌です。
子ども時代から乳酸菌や乳酸菌を育てるオリゴ糖を食べさせる事で、善玉菌優勢の腸内環境が形成され、病気にかかりにくい体を作り上げる事が出来るのです。
様々なストレスにさらされる現代だからこそ、乳酸菌の摂取で丈夫で健やかな腸作りが重要なのです。